ピロリ菌ってなに??

こんにちは。仕事上の問題がひと段落した昼下がり。いかがお過ごしでしょうか?

今日は、最近よく耳にする「ピロリ菌」について勉強していきましょう。

正式にはHelicobacter.Pylori(ヘリコバクターピロリ)と言います。ピロリ菌と略して言うことが多いですね。

胃の中は胃酸が分泌されるため、普通はばい菌は棲み着くことができません。しかしこのピロリ菌、ウレアーゼという特殊な酵素を出して胃の粘液中の尿素からアンモニアを作り出し、胃酸を勝手に中和してしまい、結果図々しくも棲み着いてしまうのです。

この菌、昔は誰もが保菌しているような状態でしたが、生活環境や衛生状態が改善したことで、先進国では保菌率が減ってきました。

世界中でみると2人に1人、半分くらいの人が保菌していると言われていますが、先進国日本においては20代の人の保菌率は4人に1人くらいと言われています。

ただし、40代以上では保菌率は70%程度とも言われており、これは戦後の生活衛生状態の改善などが原因とも言われています。

ではどこから感染するのか。これは確定的なことは分かっていませんが、経口感染、つまり口から入ってくると言われています。具体的には食べ物や口から口への感染、不潔なものを口に含んだり食べたりすると感染するようです。

では次に、ピロリ菌を持っていると何がいけないんでしょうか?

ピロリ菌は、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃のリンパ腫、胃癌などのリスク因子であることが分かっています。必ずなる、というわけではありません。ピロリ菌を持っている人と持っていない人の集団を比べた時に、例えば将来胃癌にかかる人がピロリ菌を持っている集団では約2.6〜8倍だったという研究結果が出ています。

つまり、すぐに悪さをするわけではないけれども、ずっといるとロクなことしない奴。それがピロリ菌のイメージですね。

では、どのように診断して治療するのでしょうか。続きはまた今日の深夜に更新します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です